インプラントと歯科医

インプラントと歯周病とは

インプラントの外科手術とは

虫歯や歯周病あるいは事故によって失われた歯を外科手術によって人工歯根を埋め込み、噛む力を取り戻すインプラントという治療法があります。チタン素材の人工歯根を失った部分に埋め込むだけなので周囲の歯に負担をかけることなく、治療できるのがインプラントの利点です。手術には1回法と2回法の大きく分けて2種類に分類され、多くの歯科クリニックでは歯肉を2度切開する後者の方法を使うのが一般的です。1回法の場合は骨が丈夫な人という条件はありますが、人工歯根の装着が1回で行えるので短期間で噛む力を回復できるメリットがあります。

インプラントの外科手術の方法

インプラントは外科手術を行います。まず麻酔をし埋め込む場所の歯肉を切開します。ドリルで顎の骨に穴を開け、土台となる人工歯根を埋め込みます。そして歯肉を閉じ、アバットメントと呼ばれる人口歯を装着します。また歯肉や周りの歯茎の状態で埋め込みと装着を2回に分けて行うケースもあります。この他にも埋め込む部分の顎の骨が弱かったり少ない場合は他の場所から骨を切り取り顎の骨に取り付け骨移植を補助手術もあります。いずれにしても回数は多くて2回で済み、短期間で治療が完了します。インプラントは自分自身の歯を長く使えることができる治療です。これからも発展が望める画期的な治療法です。

新着情報

↑PAGE TOP